SELECT

テーブルのレコードを検索(参照・選択)します。

DML (SELECT, INSERT, UPDATE, DELETE) のうちの一つです。
SQLで一番使用するであろうと思われる命令です。

SELECT [ ALL | DISTINCT ]
* | expression [ AS output_name ] [, ...]
FROM table_name [, ...]
[ WHERE condition ]
[ GROUP BY expression [, ...] ]
[ HAVING condition [, ...] ]
[ ORDER BY expression [ ASC | DESC ] [, ...] ]

 

*
下記のテーブルがあるとき…

社員マスタ

社員番号 名前 所属部署コード
1 しゃちょさん 100
2 部長さん 200
2 部長さん 210
3 主任さん 220

 

*
また、[社員]テーブルのすべての列を参照する場合は、以下のように記述します。

/* データの参照 */
SELECT *
FROM 社員マスタ
;

結果

社員番号 名前 所属部署コード
1 しゃちょさん 100
2 部長さん 200
2 部長さん 210
3 主任さん 220

 

*
SQLServerではFROM句は任意に記述できる。
[社員]テーブルの[社員番号]が2以下、[社員番号]で降順に並び替えて、[所属部署コード]を昇順に並び替えて、[社員番号][名前][所属部署コード]列を取得する場合は、次のように記述します。

/* データの参照 */
SELECT 社員番号, 名前, 所属部署コード
FROM 社員マスタ
WHERE 社員番号 <= 2
ORDER BY 社員番号 DESC, 所属部署コード ASC
;

結果

社員番号 名前 所属部署コード
2 部長さん 200
2 部長さん 210
1 しゃちょさん 100