TRUNC

切り捨てを行います。

-- Oracle, PostgreSQL
TRUNC ( expression [, position ] )

return : 切り捨てをした数値
expression : 切り捨てをする値
position : まるめる桁

 

-- Oracle, PostgreSQL
TRUNC ( expression [, format ] )

return : 切り捨てをした日付
expression : 切り捨てをする値
format : 日付書式

 

*
桁を指定しない場合、小数点第一位で切り捨てします。

SELECT A,
       TRUNC(A)
  FROM ほげほげマスタ
;

結果

A TRUNC(A)
1234.56789 1234

 

*
桁を正数で指定した場合、その小数点以下の桁が残るように切り捨てします。

SELECT A,
       TRUNC(A, 2)
  FROM ほげほげマスタ
;

結果

A TRUNC(A, 2)
1234.56789 1234.56

 

*
桁を負数で指定した場合、その桁で切り捨てします。
以下のように、-2を指定すると10の位で四捨五入します。

SELECT A,
       TRUNC(A, -2)
  FROM ほげほげマスタ
;

結果

A TRUNC(A, -2)
1234.56789 1200

 

*
日付のまるめを時で切り捨てる場合、以下のように指定します。
尚、フォーマットを指定しない場合も、時以下を切り捨てます。

SELECT TO_CHAR(SYSDATE, 'YYYY/MM/DD HH24:MI:SS'),
       TO_CHAR(TRUNC(SYSDATE, 'DD'), 'YYYY/MM/DD HH24:MI:SS')
  FROM DUAL
;

結果

TO_CHAR(SYSDATE, ‘YYYY/MM/DD HH24:MI:SS’) TO_CHAR(TRUNC(SYSDATE, ‘DD’), ‘YYYY/MM/DD HH24:MI:SS’)
2014/10/05 22:10:39 2014/10/06 00:10:00

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です