TRIM, LTRIM, RTRIM

文字列の左右端から指定の文字を削除する場合はTRIMを使用します。
文字列の左にあるスペースを削除する場合はLTRIMを、
右にあるスペースを削除する場合はRTRIMを使用します。

-- ANSI準拠, Oracle, MySQL, PostgreSQL, Access
TRIM ( search_string )
TRIM ( [LEADING | TRAILING | BOTH] FROM search_string )
TRIM ( [LEADING | TRAILING | BOTH] target_string FROM search_string )

-- SQLServer
LTRIM ( search_string )

-- MySQL, PostgreSQL
RTRIM ( search_string )

return : 削除後の文字列
search_string : 文字列
target_string : 削除対象の文字列
LEADING : 先頭から文字列を削除する場合に指定
TRAILING : 後方から文字列を削除する場合に指定
BOTH : 両端から文字列を削除する場合に指定
※target_stringを指定しない命令では、スペースを削除するようになります。

 

*
文字列’ CA B CDC ‘の両端から、スペースを削除する場合は、以下のように記述します。

SELECT TRIM(' CA B CDC ')
FROM DUAL
;

結果

TRIM(‘ CA B CDC ‘)
CA B CDC

 

*
文字列’CABCDC’の両端から、文字列’C’を削除する場合は、以下のように記述します。

SELECT TRIM(BOTH 'C' FROM 'CABCDC')
FROM DUAL
;

結果

TRIM(BOTH ‘C’ FROM ‘CABCDC’)
ABCD

 

*
文字列’ CA B CDC ‘の左端から、スペースを削除する場合は、以下のように記述します。

SELECT LTRIM(' CA B CDC ')
FROM DUAL
;

結果

LTRIM(‘ CA B CDC ‘)
CA B CDC

 

*
文字列’ CA B CDC ‘の右端から、スペースを削除する場合は、以下のように記述します。

SELECT RTRIM(' CA B CDC ')
FROM DUAL
;

結果

RTRIM(‘ CA B CDC ‘)
CA B CDC

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です