ISNULL

NULL値の評価を行いNULLである場合、指定値に変換します。

これに似た関数に NULLIF関数がありますが、動作は逆に”比較が一致する場合NULLを返す”動作をします。

-- SQLServer, Access
ISNULL ( target, expression )

return : 型変換をした値
target : 変換する型
expression : 型変換をする値

 

*
下記のテーブルがあるとき…

社員マスタ

社員番号 名前 所属部署コード
1 しゃちょさん 100
2 部長さん 200
3 主任さん 220
4 Aさん 220
5 Bさん (NULL)
6 Cさん (NULL)

 

*
社員マスタの所属部署コードがNULLである場合、”未配属”と出力する場合は、以下のように記述します。

SELECT 社員番号,
       名前,
       ISNULL(所属部署コード, '未配属')
  FROM 社員マスタ
;

結果

社員番号 名前 所属部署コード
1 しゃちょさん 100
2 部長さん 200
3 主任さん 220
4 Aさん 220
5 Bさん 未配属
6 Cさん 未配属

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です