比較演算子

値の比較を行うには、下記の演算子を使用します。

算術演算子 計算
= 等しい
<>, != 等しくない
> より大きい
< より小さい
>= 以上
<= 以下
※上記演算子でNULLと比較することはできません。
IS NULLを使用してください。

 

*
下記のテーブルがあるとき…
社員マスタ

社員番号 名前 所属部署コード 役職コード
1 しゃちょさん 100 11
2 部長さん 200 12
3 主任さん 220 13

 

*
社員マスタの社員番号が2のレコードを参照する場合…

SELECT *
  FROM 社員マスタ
 WHERE 社員番号 = 2
;

結果

社員番号 名前 所属部署コード 役職コード
2 部長さん 200 12

 

*
社員マスタの社員番号が2でないレコードを参照する場合…

SELECT *
  FROM 社員マスタ
 WHERE 社員番号 <> 2
;

結果

社員番号 名前 所属部署コード 役職コード
1 しゃちょさん 100 11
3 主任さん 220 13

 

*
社員マスタの社員番号が2より大きいレコードを参照する場合…

SELECT *
  FROM 社員マスタ
 WHERE 社員番号 > 2
;

結果

社員番号 名前 所属部署コード 役職コード
3 主任さん 220 13

 

*
社員マスタの社員番号が2より小さいレコードを参照する場合…

SELECT *
  FROM 社員マスタ
 WHERE 社員番号 < 2
;

結果

社員番号 名前 所属部署コード 役職コード
1 しゃちょさん 100 11

 

*
社員マスタの社員番号が2以上のレコードを参照する場合…

SELECT *
  FROM 社員マスタ
 WHERE 社員番号 >= 2
;

結果

社員番号 名前 所属部署コード 役職コード
2 部長さん 200 12
3 主任さん 220 13

 

*
社員マスタの社員番号が2以下のレコードを参照する場合…

SELECT *
  FROM 社員マスタ
 WHERE 社員番号 <= 2
;

結果

社員番号 名前 所属部署コード 役職コード
1 しゃちょさん 100 11
2 部長さん 200 12